女性の薄毛で頭を抱える前にin東京

薄毛の原因には男性ホルモン、血液の循環が悪くなること、皮脂、頭皮の緊張などがあるようです。

rainbow

薄毛の原因

薄毛の症状とは、髪の毛の量が減ってしまい、地肌が見えてしまうような状態のことを言います。

薄毛には種類があり、髪の毛が抜け落ちてしまい髪の毛の本数が少なくなってしまうパターンと、髪の毛の本数は変わらず髪の毛自体が細くなってしまうパターンがあります。

抜け毛に関しては、1日50~100本ほど自然に抜けているようです。

ですが150本以上髪の毛が抜けてしまう状態は、病的だと判断されます。

それでは、このような薄毛になる原因を紹介していきましょう。

まずは男性ホルモンです。

遺伝から見て、男性ホルモンに感受性があるような人に薄毛の症状が現れやすいようです。

男性ホルモンが、毛乳頭細胞に働きかけ、分裂するのを抑制してしまうと言われています。

次に、血液の循環が悪くなることが原因だと言われています。

髪の毛は、毛細血管から栄養をもらって成長していきます。

ですので、血液の循環が悪くなることで栄養がいきわたらなくなってしまい、結果髪の毛が上手く育たなかったり、抜けやすくなってしまうということになります。

また、皮脂が関係しているとも言われています。

皮脂が異常に分泌されてしまうと、頭皮が炎症を起こしてしまったり、毛穴が詰まってしまいます。

結果、髪の毛が成長しなくなったり、抜け落ちてしまう原因につながるのです。

最後に頭皮の緊張が原因になっていると言われています。

頭皮が引っ張られて、頭皮の血管が圧迫されて血液の循環が悪くなり、髪の毛の成長を妨げてしまうのではないかと言われています。

これらの原因のうちひとつが影響しているというよりは、複合して様々な原因によって薄毛になってしまっている場合も多いのではないかと言われています。

女性の薄毛を東京で解決!